エンジニアとして稼げるようになるまでの道のり

エンジニアが 稼げる 道のり とはどのようなものか?

どのようなプログラミング 言語を覚えればよいのか?

どうやって、会社と交渉したらいいのか?

どのように歩んだらいいのか?

 

実は、優秀なエンジニアでも、全く稼げていないことがあります。

その理由は、時代を見据えながら挑戦をしていないからです。

自分自身の評価を自分で下げているからです。

 

今回の記事では、エンジニアとして未経験から稼いでいくための道のりをステップ形式でお伝えさせていただきます。

 

優秀なエンジニアになるために、今後の勉強の流れ

ステップ1

「HTML,CSSの基礎」参考書

こちらの参考書はHTML,CSSの最新のコーディング方法が掲載されています。

全て覚えることは難しいかもしれませんが、目を通していただき、

この参考書のコーディング方法をベースに、簡単なサイト制作を行っていただくと良いと思います。

簡単な練習問題を用意させていただきました。

HTML,CSSの環境設定はこちら

 

 

ステップ2

「JavaScript基礎」参考書

JavaScriptは、今後も非常に重要になってきます。

上記の参考書は、初学者でもわかるように丁寧に説明をしてくれていています。

※ドットインストール

ドットインストールでも動画でJavaScriptを教えてくれます。

参考書から入る事が難しい場合、ドットインストールから着手した方が良い場合があります。

 

ステップ3

上記の内容を覚えたら

次に行うのは環境設定です。

Sassやpugを導入をしていきましょう。

導入することにより、コーディングのスピードがさらにアップします。

SassとPugを導入するにはgulpというものを導入しないといけないので

gulpの導入方法は下記のサイトで確認ができます。

https://ics.media/entry/3290

参考書は下記の2点がオススメです

注意点としては、HTML,CSSの基礎とJavaScriptをしっかり覚えていないと、見ても理解が難しいです。

まずは、しっかり基礎構築をしてから導入をお願いいたします。

 

ステップ4

ここからは、下記のバックエンドのいずれかを導入していきましょう。

・PHP
・Ruby
・Python

フロントエンドとバックエンドの両方を覚える事で、アプリを制作することができるようになります。

バックエンドは、JavaScriptのようにif文やfor文などの構文を書いて、処理動作を自動化していくものです。

バックエンドがしっかりできると、年収も一気に上がっていきます。

 

PHP

「PHP」は利用している企業も多く、就活に大きく役に立ちます。

また、PHPの「Laravel」というフレームワークが非常に人気です。

「Laravel」を覚える事でWEBアプリ軽快に導入する事ができるようになります。

http://laravel.jp/

Ruby

「Ruby」は日本人が考えたプログラミング言語です。

Rubyに「on Rails」というフレームワークを導入する事で

比較的簡単にアプリを作れるようになります。

大手というより、ベンチャー企業が導入している事も多いです。

Python

「Python」はデータ分析、AIなどの機械学習などに向いている言語です。

アメリカで、圧倒に人気な言語で、近年日本も普及しだしました。

数年後は、Pythonエンジニアが有利な時代がきますので、今のうちに導入しておくと、将来的に有利になるでしょう。

 

できるエンジニアになるまでの期間と流れ

エンジニアとして、高速で覚える方もいますが、

基本は、3年近くかかると考えてください。

 

初めの半年

まずは、HTML,CSSの基礎知識の導入を行います。

少しできるようになったら、すぐに現場に入りましょう。

アルバイトでも問題ありません。

 

半年〜1年

現場で処理能力を蓄積しながら、JavaScriptやSass、Pugなどを強化していきましょう

 

1年〜1年半

能力が付いてきたので、職場を変えてキャリアアップをしていきましょう。

時給としては、いままで1200円だったところが、2000円〜2500円くらいになります。

ですので、そのくらいの相場の職場環境を探してください。

働く環境として、能力が上がらない場所は、できる限り避けるようにしていましょう。

また、

面接時に必ず必要になるので、ポートフォリを作っておいてください。

 

1年半〜2年

バックエンドの能力を強化していきましょう。

アプリをいくつか作って公開していくと、今後の活動が有利になっていきます

 

2年〜3年

バックエンドを組み込んだ会社に転職しましょう。

もしくは、同じ会社内でバックエンドの仕事もさせてもらいましょう。

この時の、時給の目安は2500円〜3000円ほどです。

 

3年〜4年

業務委託に転職しましょう。能力次第では給与が3倍くらいになります。

 

まとめ

※キャリアアップをしないで、同じ環境にいようと思うと、

時代に流されていって、年収はあがりません。

必ず前を向いて、前進していきましょう。

 

個人事業として行う場合

①ある程度、できるようになったら、すぐに案件を探しましょう。

商売をしている友人のHPなどを作って、それを実績としましょう。

初めは無料で作ってあげて、3案件くらいから有料に切り替えていきましょう。

②自分の販売促進用のHPを制作しましょう。

自分のポートフォリオ、実績を載せたHPを掲載していきましょう。

③事務処理をしっかりできるようにしましょう

請求書はもちろんのこと

金額が大きくなってきたら、契約書なども必ず必要になります。

また、このあたりがしっかりできないと、契約を断られると考えてください。

 

  1. ヒアリングシート
  2. 請求書
  3. 領収書
  4. 契約書

 

1案件、30万以上が相場です。

事業主は、安いものは心配で発注してきません。

しっかり金額を上げて、良いものを提供していけるように、事業主としての準備をしていきましょう。

 

この段階まで達するのに、しっかり着手をすれば、1年あれば十分です。

この他に、確定申告や事業届けも必要になります。

確定申告は、freeeなどのオンラインソフトを使用するといいでしょう。

 

必要な能力

  • デザイン能力
    できなければ、できる人に外部発注
  • ディレクション能力
    できた方がいいです。そもそもこれができないと個人経営は難しいと考えてください。
  • コーディング能力
    もちろん必須です。

 

まとめ

昨今、エンジニアの需要が非常に多くなってきています。

そして、需要が高く供給が少ないため、現状は非常に稼げる職業です。

ですが、一定の能力がなければ、高額案件を受注することはできません。

はじめはわからない事ばかりですが、ステップをしっかり組んで、ぜひ、年収を上げていっていただければと思います。

関連記事

  1. 副業で、年収を上げるために必要な失敗とは?

  2. サラリーマンが副業で空いた時間に稼ぐために必要な能力とは?

  3. 副業を本業にするタイミング!確実に成功するために理解しておきたい事!②…

  4. 副業を本業にするタイミング!確実に成功するために理解しておきたい事!①…

  5. あなたが会社で働きながら副業を始めて、ネットで月収5万を得る方法

  6. ライターを副業として稼ぐための5つの方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。