【重要!】副業から本業になる場合、絶対にしてはいけないこと

こんにちは!

自由に生きる WordPress講師の石川です。

私は20年間飲食業の世界で生きてきました。

そのため、

フリーランスとして活動する時に

わからないことばかりでとても大変でした。

そして、いろんな人に騙され、無駄にお金を使い、遠回りをしてきました。

 

現在は WordPress講師として活動をしていますが、

今の状態になるまで本当に苦労をしました。

 

今回の記事では、そういった私の失敗体験や、

他の失敗した方の情報から会社をやめてフリーランス、あるいは独立するまでで

『絶対してはいけないこと』

をお伝えしたいと思います。

 

この記事を読むことにより、

これから会社を辞めたいと思ってフリーランスになりたいと思っている方が

スムーズに失敗せずに、収益を安定的に得られるようにできればと思います。

 

商品が明確でないうちに会社を辞める

「商品が明確でないうちに会社を辞める」

実はこういった危ない進め方をする人が非常に多いです!

商品や、集客、人脈、ブランディングができていないうちに

会社をやめて独立するのは、非常にリスクがあります。

 

独立をするためのセミナーや、セールスライティングのセミナーに行った時などに、

「誰でも簡単にビジネスを成功させることができる」

なんて、甘いフレーズに乗せられて、夢を描きすぎて会社を辞めてしまう・・・。

 

こういったケースが非常に多いです。私はそんな方を、何人も見てきました。

フリーランスになる前、独立をする前、

いろんな勉強会に行って、多くの有益な情報を得ることができるのですが、

まだ、何も始めてないのに、”できる気“になって簡単に会社を辞めることは非常に危険です!

 

もし、あなたに奥さんやお子さんがいらっしゃったら

絶対にこういった行動はしないでください。

まずはしっかり計画を立てていきましょう。

そして会社にいるうちに、その計画を実行していき、軌道に乗ってから会社を辞めることにしましょう!

 

  • 嫌な上司から
  • 嫌な部下から
  • 単調な仕事から
  • つまらない仕事から

逃げたいとは思いますが、

「ぐっ」とこらえて

会社を辞める前に、確実にビジネスの土台作りをしていきましょう。

 

顧客がいない、あるいは少ないうちに会社を辞める

まだ、お客がいないうちに、会社をやめてしまう・・・

そのような方も非常に多いです。

 

商品を考え、たまたま売上が上がることもあります。

最初は知人、友人から簡単に商品が売れることもあります。

 

ですが 知り合いに売ってしまった後、新規顧客の開拓はどうするのでしょうか?

その商品は売れ続けるのでしょうか?

 

もし会社を辞めてしまったら、売上が立たなかったら生活はできなくなります。

 

ですので

  • 売上が立ち続ける状態
  • 当面は問題ない状態
  • 売上が拡大していく見込みがある状態

そんな状態の時に、独立をお勧めいたします。

副業をしながらできるだけ多くの顧客に接して、喜んでもらって、

その顧客から新規の顧客をご紹介していただけるような、

そんな段階になってから会社を辞めるのが理想的です。

 

会社の給与以下なのに、会社を辞めてしまう

副収入が会社の給与以下の状態で会社を辞めてしまう・・・

このような方も非常に多いです。

  • 会社を辞めたい
  • 自分のやりたいことをやりたい
  • 好きなことを仕事にしたい・・・

このような思いが強くなって、

「給与が低くてもいいから収入が低くてもいいから会社を辞めたい・・・」と思い

収入が不安定な状態から

収入が給与より低い状態から会社を辞めてしまうことがあります。

実は、フリーランスになると

いろいろな方と打ち合わせをしたり、

知り合いを増やし、人脈を増やし、顧客を増やす、

ということをする必要があります。

この工程に経費がかかるのです!

よって、今までかかっていなかった経費がかかるようになってきます。

会社の給与をより低い状態で会社を辞めてしまうと

このような活動をさせることができなくなってしまします。

結果、売上の拡大をさせることが非常に困難になってきます。

フリーランスの世界は、いろんな人と協業をして、助け合いをして

売上を拡大していくということが非常に重要です。

そのための活動費がなかったら・・・、非常にまずいことになります。

 

ですので、できる限り会社にいる時にしっかり貯金をしておき、

さらに副業の方が本業より給料が上がった時、収入が上がった時に

会社を辞めることをお勧めいたします。

 

商品を販売するための仲間がいないうちに会社を辞める

先ほども説明したように、助け合う仲間がいないと会社の売上を拡大させることが非常に困難です。

例えば商品を作るのが上手な人がいます。

ですが商品を作るのが上手な人は、販売をさせることが苦手です。

 

あるいは販売をさせることが上手な人は、商品を作ることが苦手です。

 

ですので、

販売が得意な人と商品を作るのが得意な人がタックを組むと、お互いの売上を拡大させることができます。

例えばこの協業の仕方でよくあることなのですが、

学生団体を扱っている学生団体のトップがいるとします。

ですが、そのトップは自分で商品を持っていないのでうまく売上を上げることができないとします。

その時にあなたが学生団体の人に対して協業を持ちかけます。

 

例えば、あなたが英会話の講師をしていたのであれば、英会話の生徒をその学生団体の方から集めていただくことが可能です。

学生団体からあなたの英会話にお客さんが入会した場合は

学生団体のトップの方に売上の数%をお支払いするのです。

こういった協業の仕方もよくあるケースです。

 

もしあなたが自分の商品の販売を手助けしてくれる方がいなかった場合は、

会社を辞めるまでにできる限り

自分の商品を代理で販売してくれる方を探すことをお勧めいたします。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?!

冷静に考えれば、とても当たり前の事なのですが、

サラリーマンとして活動をしていると

会社を辞めたい気持ちが大きくなって、

どうしてもこの基本的な考えも、抜け落ちてしまいます。

 

そして、先を急ぎすぎることで絶対失敗してはいけないことをしてしまいます。

 

もう一度、冷静に考えて

安全な道を

確実な道を選んでいただくことを、お勧めいたします。

安全な状態をキープしながら

その中で、小さくチャレンジをし続けていきましょう!

関連記事

  1. あなたが会社で働きながら副業を始めて、ネットで月収5万を得る方法

  2. 副業を本業にするタイミング!確実に成功するために理解しておきたい事!①…

  3. 副業を本業にするタイミング!確実に成功するために理解しておきたい事!②…

  4. サラリーマンが副業で空いた時間に稼ぐために必要な能力とは?

  5. 副業で、年収を上げるために必要な失敗とは?

  6. サラリーマンが副業で、ブログを使って稼ぐための4つの方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。