WordPressに最低限導入しておきたいプラグイン

こんにちは。WordPress講師の石川です。

WordPressの設定を行う際に、どんなプラグインをいれたら良いのでしょうか?

色々あってわかりませんよね。

そこで、今回はWordPressとしてサイトを運営する際に最低限導入しておきたいプラグインをご紹介させていただきます。

 

SEO対策プラグイン

検索エンジンにヒットさせやすくするためにSEO対策用のプラグインを導入していきましょう!

オススメは下記の2種類のプラグインです。

どちらかを導入しましょう。

 

SLLプラグイン

サーバーにSSL設定をしても

実はそれでご自身のサイトがSLL化した訳ではありません。

WordPress自体にも、SSLの設定を行なっていく必要があります。

プラグインで簡単!WordPressの常時SSL対応

 

バックアップ用プラグイン「BackWPup」または「UpdraftPlus Backup」

BackWPup – WordPressを丸ごとバックアップできるプラグイン

 

https://netaone.com/wp/updraftplus/

 

 

お問合せフォーム「contact foam 7」

お問合せフォームを作るためのプラグインは

contact foam 7がオススメです。

 

画像データ圧縮プラグイン「EWWW Image Optimizer」

画像データが多くなってくると、サイトが重くなってきます。

データを圧縮してサイトを軽くするためのプラグインを導入しましょう!

EWWW Image Optimizer

EWWW Image Optimizerの使い方と設定方法

 

 

『目次』の導入「Table of Contents Plus」

記事の始まりに目次を導入することができます。

読者が迷わないように、現在は目次を記事に導入することが一般的です。

Table of Contents Plus – 記事の目次を自動生成できるWordPressプラグイン

 

セキュリティプラグイン

セキュリティプラグインを導入して、セキュリティ強化を高めましょう!

複数導入すると、重たくなったりエラーが出てきますので、1つのみインストールして導入しましょう!

SiteGuard WP Plugin

ログイン画面に、日本語の入力をしないとログインができないようにしてくれたり、ログインした人がいると、メールでお知らせなどもしてくれます。

会員制のプラグインと、相性がわかるときもあります。

SiteGuard WP Plugin

All In One WP Security & Firewall

こちらの非常に優秀なプラグインです。

多くの設定ができますが、まずはインストールしておけば問題ありません。

All In One WP Security & Firewall

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

プラグインの入れすぎはサイトを表示する速度を遅くしてしまうので

最小限にしておくべきです。

ですが、この記事では、最低限入れておかなければいけないプラグインを紹介させいてただきました。

次に、今後の活動に便利なオススメのプラグインをご紹介させていただきます。

おすすめのプラウグインは
こちら

 

関連記事

  1. 外部URLから表示している画像を、自動でダウンロードしてWordPre…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。